投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


後納集荷多すぎだが

 投稿者:じろ  投稿日:2018年 5月13日(日)11時04分59秒
  dメニューニュース:郵便物、法人向けの集荷廃止へ 日本郵便、人手不足常態化で継続困難(SankeiBiz) http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/businessi/business/bsj180512002?fm=line

某人から情報提供
普通郵便2~3通を毎日集荷
後納入力して
経理は検査集計
外務員の労力も、超勤につながって人件費は大いにかかっていた。

ちなみに私は18日は定番の夜勤仕事です。

 

5/18の行動と集会

 投稿者:鈴木  投稿日:2018年 5月 9日(水)11時13分49秒
  アベ政権が最重要法案と位置付ける「働き方一括法案」が、4月27日に審議入り。これを廃案に追い込もうと、「労働法制改悪阻止!全国キャラバン」がスタート。
静岡では、全国キャラバンを迎え入れるための取り組みを「県共闘」を中心に、5月18日に行う。実行委員会には、県内5つの地域ユニオン・国労・郵政ユニオン・全日建連帯労組・県職などが加わり、労組以外では「平和センター」が参加している。JP労組も大歓迎だ。

当日は以下の取り組みを予定している。
① 非正規労働者の雇止めを行った科研製薬と県立大学への抗議行動
② 静岡労働局への申し入れ行動
③ 「5・18労働法制改悪阻止!全国キャラバン静岡集会」(労政会館18:30~)
 

同一労働処遇について 1

 投稿者:じろ  投稿日:2018年 5月 4日(金)00時27分11秒
  昨今の風潮として、同一労働同一賃金というが
浜松地区も集配は基本時給1000円という。
18歳で集配のゆうメイト採用が時給1000円,。
身だしなみが良いから1010円。

集配に向いた青年なら、半年ごとにスキルを上げて
21歳で時給1560円となる。
超勤祝日出勤無しでも年収300万円を超える。


今の正社員の初任給は知らないが
3年勤めても年収300万円になるだろうか?
集配非正規の、正社員登用試験を受けない20代の
多くが、ボーナスは少ないが月に残業入れて35万円を
受け取ると、もう抜け出せなくなる。


同一労働同一処遇とは、そう簡単に割り切れない事象が
多々あるのではないかと思う。
 

桜沢判決について

 投稿者:じろ  投稿日:2018年 5月 3日(木)23時49分33秒
  スマホからは間違いやすい
桜沢を桜田と載せてしまったシマッタ

桜沢判決は、支部議案書第12回に全文載せた。
この年は南支部は291名の組織。
98人の特定労働者を含めて分母は570名。
かろうじて三六権を維持した。

だから、
支部は ゆうメイトが主役として交流を深めた。
支部特別会計は、タバコ権利収益などで600万円ほど
貯めていたから、ゆうメイトとの交流、意見吸い上げに尽力した。

その辺のいきさつは
画像として
荒らされている、地獄のBBSで報告したい。
 

ボーナスについて

 投稿者:じろ  投稿日:2018年 5月 3日(木)23時36分8秒
  あの頃、
民営化によって、国家公務員のボーナスから切り離され
かつてバブルの、夏2.2、冬2.7、年度末0.5に
遠く及ばず、一気に3ヶ月で妥結した春闘はショックだった。
しかしこの年度  末に交渉して0.5ほど勝ち取った。
そう言うとこを忘れてはならない。

ようは、年間5ヶ月の頃より、昨年の4ヶ月に0.3ヶ月の
上乗せは50代の熟練正社員なら、基本給30万の?0.3で
10万円近く上がる。
ゆうメイトは0.1×0.3=0.03ヶ月の引き上げを成果と言えるのか?

そんなところです。
 

経営の失敗のシワ寄せで4.3から3.0へ

 投稿者:鈴木  投稿日:2018年 5月 2日(水)06時48分45秒
   18春闘では「正社員のボーナスが大きく増えている」というが、確かに昨年よりは増えてはいるが、「4.3月」というのはJPEX破たん前に戻っただけです。JPEX破たんで、2011年度の一時金は1.3月カットされ3.0月となり、65歳以上の非正規社員13,000人の雇止めも行われ、全体で1,200億円もの人件費カットが行われた。それが、7年もかかって「1.3月」分が回復したということだから、朝日のミスリードではありません。

 時給だが、浜松、浜松西、浜松東とも1,000円。これは10年ほど前から、つまり、民営化当初(?)からの金額です。民営化前には、集配でも6時間とか7時間雇用があったが、民営化時に8時間に統一、時給も1,000円としたという記憶。
雇用確保が難しいという地域事情がある場合、所属長判断で「基本給加算額」を増額できるが、それを活用。ただ、「団ママさん」が配達しているところでは、「配達エリアが狭い」という理由で900円台に置かれていたが、最近、やっと1,000円に。ただ、人手不足は喫緊の課題であるため、ひとまず1,200円を要求しています。

なお、「桜田裁判」は「桜沢人事院」の誤りです。
 

伝説の局長、

 投稿者:じろ  投稿日:2018年 4月27日(金)00時01分18秒
  南から離れて何年かして、とんでもない局長の話を聞いた。
1、2Fの郵便課休憩室を取っ払って3階に押し込んだ。
東海ではかなりの実力者らしい。

私は直接会ったのは、私の30年表彰の時だが。

私にとっての記録に残る暴君局長は、安藤せいぎ局長だが、
あの年は面白かった。伝説のやりとりがあったが
あの時!組合との三六交渉の間で四苦八苦した総務課長の関さんや、
労たんの田原さんには迷惑を掛けた。
その頃はもう、日本をひっくり返して聖戦を挑む、
セクトにも属していなかったから、共に私からは賀状交流して、
そのおかげで、田原さんが清水の局長の時は、
正社員登用も大人数合格し、
ゆうメイトの8時間契約も話を聞いてくれた。そして、
何人かの人達は労働条件が向上した。

さて、
かの南の暴君局長の時に、亀井提唱の正社員登用が大量に実施され
南の1次試験合格者は全員正社員になった。
彼らが全員、会社に尻尾を振る人達ではない。

僕は営業、何にもしてないけど合格しました

という人もいる。その局長の実力である。
この年、清水では1次通過のユニオンに関わった二人は落とされた。

民間の労働運動の心底戦いと、
郵便局の公務員ボケした闘いとは次元の違いを感じる。
私が江戸川の時、大久保製瓶の壮絶な闘いがあった。
勢いで跳ねた4.28は、まさかの処分と、まさかの勝利までに30年近くかかった。

私はお膝元の東京東部にいて、静岡で99臨中を内側から闘った。

私にできることは、
一般職だけの住居手当を無くしたことに文句言うことより
一人でも非正規を正規にして、基幹社員に進めることだ。
そして、生活苦にあえぐ4時間非正規をなんとか8時間にできないかと奔走することだ。

郵政民営化は反対だったが
非正規から3年で正規になる人もいる。
JP労組にすら入らなくても、彼らを応援する。
人生が変わるのだから

あと長くて2年。
非正規の扶養手当とか住居手当とか、私には力はない。
ただ、
非正規のボーナス係数に0.3を掛けるのだけは不合理だ。
そして清水の集配ゆうメイトの基準額が
隣局の1000円に対して、940円に抑えられていることが腹立たしい。
その辺りが、私の課題です?
 

私は20条裁判を支援している

 投稿者:じろ  投稿日:2018年 4月25日(水)23時45分49秒
  この春闘の大きな点は正社員のボーナスだけが大きく増えている事だ。

朝日新聞の取り上げ方は間違っている。

まわりのゆうめいとに裁判を起こせという
その発想が愚かだ。
正社員登用を私は勧める。

桜田裁判判決後、三六権を南は持っていた。
だから交渉ができた。
いまや、当局のご協力のもとでJP労組は代表権を持つ。
では、なぜヒデさんたちはゆうメイトを組織化できないのか?
答えはまだ見つからないのか

ひとつ聞きたいのは、
浜松ユニオンの主たる局のゆうメイト賃金は、隣の局より高いのかどうか
内務は基準860円より高いのか
外務は1000円より高いのかどうか
 

共にたたかうという姿勢こそ大事

 投稿者:鈴木  投稿日:2018年 4月25日(水)10時37分24秒
  やっと反応があったが、残念ながらよく分からない点が多い。
一般職の住居手当を「毎年10%づつ削減し、10年後にゼロ」という労使合意をはじめ、年末始手当の年末部分の廃止、寒冷地手当5割カット等々、正社員への不利益変更をどう評価するのかよくわからない。
会社は「儲けを内部留保と株主への還元に充てる」と明言し、人件費コストに新たな原資を持ち出さない姿勢だ。そこで、正社員の手当カット分がいくらになり、非正規社員の待遇改善分がいくらになるのか、この解答が「ツーペイ」でないことは分かるが、そうすると、手当カット分は、株主配当や相当額が「内部留保」として会社の懐に消えてしまうということになる。これが社長の言う「筋肉質の会社」という意味かもしれない。
会社にとっては、このような経済的成果と、待遇の低位平準化によって「格差是正」という要求に応える必要がなくなるという大きな成果も得ることができると確信した春闘だったのである。そこで、「18春闘は正社員優遇春闘」などというが、どういう意味だろうか。

私の中で非正規問題がクローズアップされたのは、36協定の「労働者数」に非常勤職員を含めるようになったあたりだ。1995年頃、ニュー夜勤という深夜勤務で一緒に働く非正規の青年達を組合(当時は全逓)に組織し要求交渉を行い、「雇止め」に対する組合の方針を追及もしていた。同じ労働者として、正規・非正規の格差問題は避けて通れないということがインプットされたのが、40年のうち約20年しかないという意味では、大いに反省すべきと思っている。
そして、格差是正のために、労契法20条を使って裁判闘争に入った。「非正規社員の待遇が、正社員の3分の1が腹立たしいという」と、心底思うなら、20条裁判を共にたたかうという立場に立ってほしいと切に思う。仮に、ユニオンに抵抗感があるなら、JP労組の中で仲間を募り、新たな裁判提起をはじめ、具体的なたたかいの方向を見出せばいいと思う。

一歩外に出れば、長澤運輸事件(全日建連帯)、ハマキョウレックス事件(全日建連帯)、メトロコマース事件(東京東部労組)、名古屋自動車学校事件(全自交労連)、千葉内陸バス事件(なのはなユニオン)、井関農機事件(えひめユニオン)など、NCの違いを超え、非正規労働者が原告に立ち20条裁判をたたかっている仲間がたくさんいる。そういう人達への支援もやろうと思えばできる。みんな大歓迎だ。
なお、長澤運輸とハマキョウの事件については、6月1日に最高裁の判決が出るが、注目してほしい。
 

低位平準化?はすべてJP労組の責任?

 投稿者:じろ  投稿日:2018年 4月22日(日)15時03分33秒
  ユニオンは相変わらずJP労組を馬鹿にする事で仲間を増やそうとしているが
何年同じ事をくりかえし、成長せず、三六権も取れず、ゆうメイトに振り向かれないのか。
情けない。
この春闘で、朝日は正社員の労働条件を下げてまで
と言っているが、一般職住居手当廃止は10年を経てで、
今年はそれを見越して大幅な初任給引き上げがある。
できる一般職は、来年には基幹社員になると胸を張る。
住居手当格差
扶養手当格差は、
今回の裁判で気づかされた事で、ヒデさんだって40年、疑問に思わずきたじゃあないか。
まずは同じ正社員組合として反省すべきだ。

何よりボーナスは0.3ヶ月増えて4.3になった。
正社員はしっかり成果を受け取っている。
ゆうメイトは.最高待遇の人でさえ
A有りフルタイム
係数1.8に0.1増えても、それに×0.3ですよー

なんでこのさげすまされ方を指摘しないのか。
夏冬休みは正社員3日に対して1日で良しとしている。

あくまでゆうメイトは正社員の3分の1という図式。

私はこれが腹立たしい。

この春闘は、あくまで正社員組合優遇のものです。
せめて良かったことは年末特別手当を無くしても正月手当をゆうメイトに付けたことだ。
これは素晴らしい。
年末特別手当は、冬休み3日付与で得しているし平成天皇誕生日出勤手当で正社員は優遇されてきている。
あれこれ欲張り過ぎは控えよう。

だから私は、非正規の正社員登用試験を勧める。
そのためには、組合は勧めない。
ゆうメイトで終身いる人の一部と、御用組合でなければ希望が局長に聞いてもらえない人だけにJP労組を勧める。

定年過ぎてまで、古巣のJP労組をこき下ろしても誰も幸せにはならない。

ここは、前向きな論議の場である。

そういう私は、パソコン不調でスマホ頼りだからここはまともに見られない
以上
 

/54