teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:61/700 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

立春過ぎし頃

 投稿者:批判屋管理人ALADDIN  投稿日:2020年 2月11日(火)00時21分45秒 softbank126012099165.bbtec.net
  通報 返信・引用
   2月ももう中旬に入る頃です。

> marshalさん
 オリンポスの神々というのは、概して無私無欲のイメージとは程遠いものです。むしろ、人間関係の悪さの遥か上をいくものです。スフィンクスの謎を解いた英雄オイディプスですら、コンプレックスの一種として用語ができてしまうほどですからね。
 > ターバーダ
 「真の道」をたどっていれば出遭うことのないキャラクターですね。絵に描いたような小悪党で、こいつに遭ったこと自体が既に「間違っている」ことになります。

◎蛇蠍の批判◎ ~時事篇~

↓白黒反転すると見ることができます。今回は大川興業所属のタレントに関する内容です。尚、嵐のファンの方は読まないことをお勧めします(※覚悟がある方のみお読みください)。↓

YouTubeでも伝説を作るタレント

 大川興業所属のタレントである江頭2:50氏が、今月1日からYouTubeで「エガちゃんねる」を開設、そして開設から僅か9日目で100万人のチャンネル登録という記録を出した。これは、嵐に次いで2番目に早い記録だという。だが、嵐は“単独”ではないため、“単独”であれば1位ということになる。否、実質1位であろう。嵐のファンの人には申し訳ないが、嵐のメンバーが個々でチャンネルを開設したところでエガちゃんねるの速さには到底敵わなかったに違いない。
 江頭2:50の芸風は決して上品とは言えないが、その反面、嘘偽りのない芸風とも言える。江頭2:50の芸風はデビューした昭和の当時も、令和になった現在も全く変わっていない。過去に日本の放送倫理に引っかかってしまったことも度々あったが、それでも自分の芸風を曲げない江頭氏には頭の下がる思いである。
 江頭氏がいつも主張している「1回の伝説」は、まさにその1回のために自分の全てを擲(なげう)ってでも笑いをとることに徹底しており、ここまで自分の仕事に命を懸けている芸能人は他にいないのではないだろうか。
 他の芸能人の中もYouTubeで自分専用のチャンネルを開設している人がいるが、己が売名行為や広告収入目当てなど、利己的な面が多々見えており、時にはそれが醜くも感じることは否めない。私自身、芸能人のYouTubeでチャンネル登録したのはエガちゃんねるが初めてであるし、他の芸能人のチャンネル登録は当分しないであろう。
 エガちゃんねるの第1話で「死にたくなかったらこれを見ろ。死ぬのがバカバカしくなるから。」(要約)という言葉があった。もし、自殺願望者が自殺直前にエガちゃんねるを見て自殺を思いとどまったら、エガちゃんねるは1人の命を救ったことになる。もしそうであれば、エガちゃんねるはお金では測れない価値がある。少なくとも、嵐のチャンネルを見るよりはエガちゃんねるを見た方が自殺を思いとどまる人が多いことは間違いない。広告がつかないことも伝説になっているようだが、江頭2:50ファンの嘆願によって広告がつくのもそう遠い日ではないだろう。
 エガちゃんねるが開設してからまだ十日余りであるが、これからの企画が楽しみである。

http://hihannyaaladdin.g3.xrea.com

 
 
》記事一覧表示

新着順:61/700 《前のページ | 次のページ》
/700