teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:52/700 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

海が光り出す5月末に

 投稿者:批判屋管理人ALADDIN  投稿日:2020年 5月29日(金)00時57分48秒 softbank126015212159.bbtec.net
  通報 返信・引用
   「フィンブルヴェトル物語」のプレイ日記を開始して1年が経過しようとしています。昨年の今頃はまさかこんな事態になるとは誰も思っていなかったことでしょう。
 再度宣言しますが、このプレイ日記は“令和記念”などという企画では決してなく、飽くまでも新サイト移転企画です。ここにこれを明記します。

> MOSSANさん
 確かに、「〇八」でした。この程度の誤植であれば、3項目(一〇八、二〇八、三〇八)見れば次の番号が見つかりますが、それでも誤植は誤植ですね。東京創元社の『エクセア』にも誤植がありますが、こちらはひどいです。角笛の種類(黄金か白銀か)を聞いているのにいきなりマリーゴールドの所持の有無を聞かれたりとか、ここまでくると読む気がなくなります。もっとひどいのは、光文社文庫の『妖魔館の謎』です。これは誤植による支離滅裂なストーリーの展開及び構造の無秩序さで読むのにうんざりしてしまいます。
 ナイトメアキャッスルは、真の道さえはずれなければさほど難しい冒険ではありませんし、真の道をはずれても「一応」最後のザカーズ戦にまで行くことはできます。『甦る妖術使い』のような真の道をたどってもクリアが至難の業という冒険とは対極の位置にあるかもしれません。

http://hihannyaaladdin.g3.xrea.com

 
 
》記事一覧表示

新着順:52/700 《前のページ | 次のページ》
/700