新着順:3/6413 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

大変失礼します。お許しを

 投稿者:nelu(かわふくG)  投稿日:2018年 8月 1日(水)17時01分52秒
  通報 返信・引用
  生長の家の左転換は三代目が変節したわけではなく予定調和的な出来事です。

生前の三島由紀夫さんが、「いいものは、全部左翼に取られてしまって、もう三種の神器ぐらいしか残ってないわ」とかなんかで書いてあった気がする。私neluは基礎的教養がない無能力者であって、こんな大きな問題を私が扱えるわけないので、もっと頭の良い先生が代わりに言って(書いて)ほしいものだと思っている。教養のある人なら「いいものは、全部左翼に取られてしまって、もう三種の神器ぐらいしか残ってないわ」が本当に三島由紀夫さんが言ったのか知っているけど知識の無い私には本当のところはわかりません。鈴木邦男さんは全集読んだとかだったかなあ。いろんな読み方があるけど三島由紀夫さんや生長の家が左翼右翼を乗り越えようとしているだともとれる発言というか書き物があることをみなさんに紹介しておきます。教祖の谷口雅春先生(先生と付けさせてもらいます)と娘婿でもある二代目谷口清超先生の共著であるというのが味噌というか知っておいてもらいたいことですね。「菩薩は何を為すべきか」という御本ですが新版から援用しますが、一番大事なこと(三代目が変節したわけではない予定調和的な事態とも取れる)は新版も旧版も13ページに書いてあります。

「そもそもこの生長の家と云うものが現れてきたその立教の使命ーー即ち此の教えが立てられてきたところの使命と云うものは何であるかと言いますと、私はこれを最初から「人類光明化運動」と言っておったのであります。だからここには「立教の使命とする人類光明化運動」と明らかにかかれております。
この間幹部会の席上で或る人が「人類光明化運動というと俗耳に分かり難いから、愛国運動とこうハッキリ言ってしまった方が、人々に一層判り易いであろう」と言われたのでありますけれども、それでは私達の運動を完全に言い表わしていないのであります。それは何故であるかと云いますと、「愛国運動」と云うと国だけを愛するという意味にとれますし、しかも「愛国」と云う文字は、日本国民が「愛国」という場合には一種の国粋主義としての日本の国を愛するという意味になって、世界の人類を愛すると云うところまで広くその光明化の意味が徹底しないということになるのでありますから、直ちに唯物論者や左翼思想の人などはついて来ると云うことにならないと云う欠点があります。ところが人類を救うと云うことになれば、唯物論の人でも左翼の人でも、苟も人類を愛する人ならば、どんな人でも皆ついて来られるのでありますから、矢張り吾々の運動は人類光明化運動でなければならないのであります。」・・・引用終わり。

 天皇制の問題はどうなるかというと雅春先生の「限りなく日本を愛す」を深読みすると天皇はいなくなってしまう風に読めた。
 
》記事一覧表示

新着順:3/6413 《前のページ | 次のページ》
/6413