新着順:3/6467 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

立民には未来はない

 投稿者:セクトNo.7  投稿日:2020年12月31日(木)22時26分23秒
  通報 返信・引用 編集済
  書記長、しばらくぶり。

確かに立民は「夢よ もう一度」と過去の政権を夢見る烏合の衆。
小池にはじかれた連中が核となって、浪花節のお情けで票を得ることができた。
まあ、旧同盟系労組の原発推進派と、思想的に自民党と変わらぬ前原らがいないだけ、少しだけ見やすくなったが。
しょせんは自民と同じ鍋を突っつくことしか発想できず、本質的な問題解決の道筋作れないことは同感だ。

山本太郎がこれからの節目の軸になることも確かだ。
彼しか対抗軸を打ち出した者はいないんだから。

ただし、その中に福島社民党はいられるのだろうか。ふと首をひねる。
臨時党大会で沖縄の照屋さんが発言した「先輩たちが築いた遺産を、食い嗣したのは、あなただ」との発言が重い。
今残っている社民党員って、過去の遺産に浸っている連中ではないのかなと思える。

もちろんいろんな社民党員がいることは、十分すぎるほど知ってるけれど。
 
》記事一覧表示

新着順:3/6467 《前のページ | 次のページ》
/6467