投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


国会無視の防衛省

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 8月12日(水)18時22分15秒
返信・引用 編集済
  防衛省、安保法制成立を前提として「今後の方向性」を議論:突然の暴露に中谷大臣も動揺?

本日開かれた平和安保特別委員会で、共産党・小池晃議員が防衛省の内部資料を基に中谷防衛大臣に質問。

防衛省統合幕僚監部が、安全保障関連法案が成立していないにもかかわらず、その可決を前提に「今後の方向性」を検討していたことを批判して、中谷大臣が答弁に窮する場面があった。

これにより審議は中断し、そのまま散会に。残りの審議は、週明けに仕切り直しとなった。

中谷大臣は資料を「知ってた」とも「知らない」とも答えられず

今回の質問のポイントは、中谷大臣が内部資料について「知っていた」とも「知らない」とも答えられなかった点だ。

もし「知っていた」とすれば、法案可決を前提に自衛隊が議論を行っていることを黙認していたとして、国会での議論を軽視していた証左となり、一方で「知らなかった」とすれば、文民統制(シビリアン・コントロール)が効いていないこととなってしまう。

そのため、中谷大臣は資料の存在について「存じてない」として、「少なくとも防衛省として公開された文書ではないので確認」が必要と、苦しい説明を展開。審議が中断されることとなった。

内部資料の内容は?

この内部資料には、安保関連法案の可決を前提として、日米ガイドラインの方向性が記されていたという。

5月末につくられた文書には、日米が安保関連法案の成立を前提として、新ガイドラインの合意がおこなわれたことが示唆。

そこでは「最も早いパターン」として「8月に法案成立」、来年2月ごろ「法施行」という見通しが記されており、すでに自衛隊の編成なども議論されていることが分かった。

「戦前の軍部の暴走」

小池晃議員は、「国会で議論もしないうちに、日米合意をして、発表したことになる」と追求。中谷大臣は文書の存在は認めたものの、内容の確認は避けて、答弁は曖昧に。

法案成立前に、すでに自衛隊が編成などを想定していることに、小池議員は「戦前の軍部の暴走」と同じであるとして、厳しく非難した。

ニュースクラシックより
http://newclassic.jp/27451

http://

 

バッジさんへ

 投稿者:まこと@スマホ  投稿日:2015年 8月11日(火)17時47分58秒
返信・引用
  携帯にお電話しましたが、繋がりませんでしたので、メールしました。ご確認願います。  

バークレー市議会がんばれ!

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 8月10日(月)08時01分7秒
返信・引用
  辺野古新基地中止求め、米バークレー市が「沖縄支援決議案」審議へ

 【平安名純代・米国特約記者】名護市の東恩納琢磨市議らは3日、米カリフォルニア州バークレー市を訪れ、同市議会議員らと会談した。同市議らは、名護市辺野古の新基地建設計画をめぐり、同市で提案されている決議案「沖縄の人々を支援する決議」を来月15日の本会議で審議する意向を伝えた。

 決議案は、バークレー市の「平和と正義の委員会」が5月4日に提案したもので、米軍機の墜落や騒音、環境汚染や米兵の犯罪など、在沖米軍が住民の生活に与える影響を指摘したうえで、辺野古新基地建設計画に反対を表明し、米政府に建設工事の中止を求めたもの。

 同市の提案を受け、東恩納市議は名護市がバークレー市に謝意を示した決議文書(6月30日採択)を持参。会談の場で「沖縄の基地問題はアメリカにも責任があると強調し、理解してもらえた。決議が採択されたというニュースを沖縄で待ちたい」と述べた。

 会談には、東恩納市議に沖縄から同行した当真嗣清さん(琉球弧の先住民族会)やエド・サンチェスさん(平和のための退役軍人の会)、沖縄の基地問題に関心を持つ現地在住者ら約30人が参加した。

 平和と正義の委員会のリップマン委員長は、「沖縄にあっても米軍基地問題はアメリカの問題。名護とバークレーの両市が連帯し、沖縄の平和の実現に取り組んでいきたい」と抱負を述べた。

沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=127222
 

岩手県知事選挙

 投稿者:セクトNo.7  投稿日:2015年 8月 8日(土)09時28分40秒
返信・引用
  自民党と公明党が推すはずだった平野達夫(元復興相)が知事選不出馬を宣言。
勝てないどころか『ダブルスコア』の惨敗のよそうで、政権サイドが引き摺り下ろしたみたいだ。

http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20150807-OYT1T50131.html

(達増知事の囲み記事)
(続き)平野氏立候補断念に関する囲み取材には、言われているような大差が既についているとすれば、それは野党結集、皆が力を合わせることに成功したからで、この結集がきちんと岩手県政の形になるよう同志の応援に益々力を入れたい、とも述べました。


おまけに参議院議員は続けるとのこと。「復興に命をかけて達増では復興できない」とかの賜った、政治家というよりも人間の矜持が疑われるね。
いい面の皮になったのが、平野の辞職に伴う参議院補選に立候補予定していた及川某。どうするんだろうね。

我々は敵の演じるどたばた喜劇を笑うことなく、さらなる落とし穴を掘る準備をしよう。
なんか「ポンポンが痛い」と言って退陣した前回と酷似してきた。お友達が足を引っ張り、庇うたんびに別の誰かがずっこける。
 

Re: なぁんだ!

 投稿者:バッジ@ネオ・トロツキスト  投稿日:2015年 8月 7日(金)19時16分38秒
返信・引用
  > No.11825[元記事へ]

バッジ@ネオ・トロツキストさんへのお返事です。

> まっぺんさんへのお返事です。


経済音痴のシマグニ蛙安部は、従米軍事オタクの石破や中谷にも離反され始めている兆候が伺えますね。
小泉Jr.や聖子ちゃんたちの安部批判といい、元政権・与党幹部の長老族や公明党政治家たちの「赤旗」登場といい、アベ降ろしの動きは、案外早く起こるかもwww
 

Re: なぁんだ!

 投稿者:バッジ@ネオ・トロツキスト  投稿日:2015年 8月 7日(金)19時04分40秒
返信・引用
  > No.11824[元記事へ]

まっぺんさんへのお返事です。

> 「中国は脅威じゃない」と防衛大臣が言ってるんじゃないか。
> まぁ、米太平洋軍司令官が「軍事対立のない地域」と言ってちゃ
> その子分の日本だけが「脅威だ」って言うわけにはいかないもんね。
>
> 「オレの許可なく勝手に戦争すんなよ」って米軍は思ってるだろうね。
> http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-08-06/2015080601_01_1.html

結局、後世の歴史家からみれば、「趣味」なんですよ!
安部のようなアナクロ二ズムは、資本の運動の歴史的到達点からも批判される、リアリスト・バルザックが清算出来なかったロマンティシズムにさえ劣る、妄想と趣味のアキバ的現れでしかないってこと!!!

だから、左翼陣営も、自らに内在する狼少年性の不可避には、もう少し自覚的であるべきだということです。
「歴史は、繰り返したとしても、一度目の悲劇は二度目には喜劇にしかならない」ということ!
 

なぁんだ!

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 8月 6日(木)18時37分21秒
返信・引用 編集済
  「中国は脅威じゃない」と防衛大臣が言ってるんじゃないか。
まぁ、米太平洋軍司令官が「軍事対立のない地域」と言ってちゃ
その子分の日本だけが「脅威だ」って言うわけにはいかないもんね。

「オレの許可なく勝手に戦争すんなよ」って米軍は思ってるだろうね。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-08-06/2015080601_01_1.html
 

貴重な遺跡が発見されたそうです。

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 8月 6日(木)09時11分33秒
返信・引用 編集済
  碇石(いかりいし)と呼ばれる中世の船で使われていたもの。
これで辺野古新基地建設はますます困難になったでしょうね。\(^o^)/

http://www.jiji.com/sp/zc?g=soc&k=201506%2F2015063000757&pa=f

http://www.asahi.com/articles/ASH6Z5PX6H6ZTPOB006.html
 

Re: 一ヶ月の工事中止

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 8月 6日(木)08時45分59秒
返信・引用
  > No.11821[元記事へ]

セクトNo.7さんへのお返事です。

> あのねえ。
> 岩手県知事選挙があるよ。今のところ生活の党のたっそ現知事が優勢で、対抗馬が旧民主党の平野(元復興相)
> なのね。
> 私が見てもタッソはそんな無茶はしてないから、現段階では共産党も支持なんだって。
> 大方の予想ではダブルスコアで平野の負け。タッソのやることがだめだったら2年前の選挙出ないで、知事選やれよって。
>
> だから、安倍は休戦状態。やったら票は減る。
> もっとも、うちのかみさんが辺野古のニュース見て、岩手の知事選が理由だとおっしゃっていた。

すでに2日に行われた仙台市議選でも自民党は2議席減らしましたね。その分、民主と公明が1議席ずつ増やしたというのは面白くないが、全国規模で自民党に逆風が吹いてるのは確かです。
 

Re: 一ヶ月の工事中止

 投稿者:セクトNo.7  投稿日:2015年 8月 6日(木)01時06分25秒
返信・引用
  > No.11820[元記事へ]

まっぺんさんへのお返事です。

> 終始強気の姿勢で辺野古のボーリング調査を強行してきた政府・沖縄防衛局が
> ここへきて1ヶ月間、工事中止をすると言ってきました。
> やはり翁長知事の「許可取り消し」に対抗する手段が無い事の現れでしょうか。
> 裁判に持ち込めば、その間は証拠保全の意味もあって工事が止まってしまいます。
> 裁判が長引けばそのあいだずっと工事ができなくなる。
> いままで問答無用の上から目線で沖縄イジメを続けてきた政府が今頃何を言ってるのか。
> まぁ、今後の推移によってはいつでも「許可取り消し」ができるので
> とりあえず静観しましょう。もちろんその間も「基地建設阻止」宣伝は続きます。

あのねえ。
岩手県知事選挙があるよ。今のところ生活の党のたっそ現知事が優勢で、対抗馬が旧民主党の平野(元復興相)
なのね。
私が見てもタッソはそんな無茶はしてないから、現段階では共産党も支持なんだって。
大方の予想ではダブルスコアで平野の負け。タッソのやることがだめだったら2年前の選挙出ないで、知事選やれよって。

だから、安倍は休戦状態。やったら票は減る。
もっとも、うちのかみさんが辺野古のニュース見て、岩手の知事選が理由だとおっしゃっていた。
「私ごときに見透かされるなんて」と申されてもいた。

いまや、負ける戦いにはしたくないから『平野急病』でお茶を濁すよし、かしこ。

昔、消費税導入(むかしなんたっけ)のとき参議院選挙のとき、岩手補選で社会党がはじめて自民党を破ったのよ。
トラウマは付きまとうのでしょう。
日高見の民の復権に幸あれ。
蝦夷軍団は、地下深く民の深層に食い込む。いつ浮かぶかはわからないが。

 

一ヶ月の工事中止

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 8月 5日(水)11時12分49秒
返信・引用
  終始強気の姿勢で辺野古のボーリング調査を強行してきた政府・沖縄防衛局が
ここへきて1ヶ月間、工事中止をすると言ってきました。
やはり翁長知事の「許可取り消し」に対抗する手段が無い事の現れでしょうか。
裁判に持ち込めば、その間は証拠保全の意味もあって工事が止まってしまいます。
裁判が長引けばそのあいだずっと工事ができなくなる。
いままで問答無用の上から目線で沖縄イジメを続けてきた政府が今頃何を言ってるのか。
まぁ、今後の推移によってはいつでも「許可取り消し」ができるので
とりあえず静観しましょう。もちろんその間も「基地建設阻止」宣伝は続きます。
 

山岡さん佐藤さん追悼

 投稿者:山岡さん佐藤さん追悼  投稿日:2015年 8月 5日(水)05時03分0秒
返信・引用
  山岡さん佐藤さん追悼
https://youtu.be/SYAv2RCX6t0

https://youtu.be/SYAv2RCX6t0

 

Re: 国労大会で左派執行部が成立!

 投稿者:バッジ@ネオ・トロツキスト  投稿日:2015年 7月31日(金)19時00分2秒
返信・引用 編集済
  > No.11817[元記事へ]

まっぺんさんへのお返事です。

> これまでの協会派系右派執行部により画策されていた
> 「全労協脱退、連合加盟」路線はこれで吹っ飛んでしまいました。 \(^o^)/
> ガンバレ国労!( ^o^)ノ

企業別であれ産業別であれ個人加盟の地域単位的組織であれ、旧官公労系や大企業系、製造業系の労組にあまり幻想を持たない方が良いと思いますよ!
オレの現代資本主義理解からは、非製造業系や非正規系の方が歴史的主流化の資格や今後の発展性・必然性があると思いますから。
マルクスの「競争の独占への転化」論やレーニン的な国家独占資本主義を前提とした20世紀的労働運動観は、もっと相対化されるべきではないかな?

非物的生産部門で雇用比重が増大し小規模経営が激増するポスト・インダストリアル資本主義時代(これは、実はマルクス的「必然の国から自由の国へ」のプロローグでもある)に乗り遅れない労働運動が求められているんだけどなぁ・・・・・・
 

国労大会で左派執行部が成立!

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 7月31日(金)17時37分35秒
返信・引用
  30~31日にかけて開催されていた国労定期大会は
左派執行部を選出して閉会となりました。\(^o^)/

委員長  千葉地本(新社会党系)
副委員長 広島地本(共産党系)
書記長  高崎地本(解放派系)  だそうです。

これまでの協会派系右派執行部により画策されていた
「全労協脱退、連合加盟」路線はこれで吹っ飛んでしまいました。 \(^o^)/
ガンバレ国労!( ^o^)ノ
 

経済産業省テントへ

 投稿者:倉本メール  投稿日:2015年 7月30日(木)16時13分5秒
返信・引用
  > No.11746[元記事へ]

経済産業省のテントの所で、ワアー、ワアー騒いでいる連中達のことに対してのことと山口組の死にかけのジジイの後藤忠雄のことですけど・・・
山口組の死にかけのジジイの後藤忠雄が、アメリカの病院で何年も待っている何千人ものドナー待ちの患者がいるにもかかわらず、尻目に最優先で内臓の移植手術をしたことが、何よりの証拠になります。
アメリカのアホの犯罪のアリバイ工作や隠蔽工作のボロが出ている最もないい証拠だと思います。いいですか、アメリカの国民より一番先に最優先で内蔵の移植手術をしているんです。
そのことの意味が、分りますか?つまり、自称日本人と名乗る在日朝鮮人が、アメリカのCIAのバック、サポートの上で日本でデカイ顔をしているんです。
アメリカのCIAによって日本政府が、素性と経歴を世界大戦後すぐにに改ざんしたものなんです。
そして、山口組の後藤忠雄というカスが、それを否定できないんです。なぜなら本当の意味で、アメリカのCIAと共に活動、働いていたからです。
証拠ならそこら中に、コロコロとあります。きっとインターネットでも、いくつかあるんじゃないですか?おそらく・・・あと、例をあげれば、オオム真理教の一件なんかも山口組の後藤や
アメリカ政府のCIAと稲川組が絡んだものもあります。麻薬絡みで・・・そして、さっきの上記の移植手術の一件が、トドメになります。アメリカでもニュースか
何かでその情報があったと思います。
そういう連中が、かなりいるんです。本当に日本人ではないんです。世界大戦後のアメリカの日本支配の一貫としての政策なのです。
それでいて一方では、一般の日本人を馬鹿にするような感じで山口組のアメリカでの銀行口座凍結なんてアホなことを大きく発表しているんです。アメリカ政府は・・・
そういうものは、必ず日本政府のもと、NHKで全国放送するんです。それで、騙されている日本人や何も知らない日本人を利用しているんです。
そして山口組の支配下に入ってしまった日本人とかが、山口組の支配下で働いているんです。芸能界の「(故)美空ひばり」のように・・・
今までの私の言っていることが、嘘ではないことが証明されていると思います。

経済産業省のテントで、ワアー、ワアー、騒いでいる金で雇われているアホの連中達も、自称日本人と名乗っている在日朝鮮人のヤクザの構成員のアホくさいドロ芝居なんです。
つまり、朝鮮人を非難してますが自称日本人と名乗っている在日朝鮮人なんです。ああいう連中をちゃんと調べればヤクザの所に辿り着きます。
そうじゃなくても普通の一般人なら見れば分ると思います。外見や仕草で・・・どういう人間か。ましてや、子供の日にあんな大人気ないことをしている時点でどうかと思われますが
常識的にだいの大人が・・・在特会(日本人を欺くためのもの)の連中もしかりです。あと、何も知らない日本人がいるかどうかです。あと金目当てか。パチンコ店とかヤクザには、
全然ああいう連中達は、攻撃しませんけどね!!笑ちゃいますがね!!
ちゃんと世間のことを知っている人なら分っていると思います。どういう人達か、組織かということを。

ここで、一つ面白い小話をしたいと思います。
東京の都議選の時のある民主党の議員の秘書のことをお話します。
これは、人から聞いた話なので本当かどうかは分りませんけど・・・
選挙の時のことです。やはり選挙戦の時には、かなり色々なことがあるみたいで選挙中はかなりトラブル起こるみたいです。
選挙では、事務所の人間を含めて多くの人が、出入りしてそして働いているそうです。
違法なことですけど、昔では有権者に、おにぎりの中に一万円札を入れたり、おまんじゅうの中に入れたりして、票を集めたようです。だからどんな選挙でも金がかかると。
だから、お金持ちの人しか選挙に勝てないと聞いたこともあります。まあ、今でもそれに似た事件をたびたびニュースでしてますが・・・経済産業省でなにかありましたねー。
似たような話が・・・
話は戻りますが、選挙中はかなりスパイが潜り込んで、その陣営の内部情報を相手方に流したり、妨害工作をするそうです。それで、相手の陣営と取引を
して弱みを握ったりしてその選挙に勝つようです。やはり、その議員の秘書の時も、事務所の中にあった書類がなくなったり、全然働かない人がいたりしたそうです。
そして、自宅の物が壊されたり、脅迫電話がかかってきたり、その陣営が望まないことをしてトラブルになったりとそしてその言い訳が、誤解だったと・・・
そういう人間が、数人いたそうです。そして、あやしいと思って探偵に頼んで数人を調べたら相手方の陣営の関係者だったそうです。それだけではなく、あることで
あやしいと思ったことがあってそれが決定的だったそうです。
それは、気さくな男性が選挙中の一日の中で忙しい多忙な中、その陣営の幹部の人が、信頼があったんでしょうねー。その気さくな人に有権者に名刺を配るように名刺
を渡して配っていたそうです。今までかなり働いて先頭に立って働いたりその陣営に貢献していたそうです。それが相手方の陣営の関係者だったとわかったのは、なぜでしょう?
なんともお粗末なのが、疲れていたのか相手方の名刺をだして有権者に配ってしまって今までのことがバレてしまったそうです。詳しい状況は知りませんが、
その男性のものを調べたら事務所の書類やパソコンの情報端末があったそうです。そして辞めさせられたそうです。かなり巧妙にスパイが潜り込んでいたみたいです。
今では、選挙の時には、かなり身元や素性を調べてスタッフを入れているそうです。

最後に、私も原発はどうかと!?思います。
だって、日本がロシアのチェルノブイリのようになったら嫌ですもん。福島であれだけ酷いものが、あるにもかかわらず・・・
あと、私は100%原発反対です。(笑)!!

ある人間は、アメリカ政府のユダヤが、殺せないからなー
だから、嘘を言って山口組、稲川組、日本政府をこき使っているね!!アメリカ政府よ、まだ山口組の後藤一派を利用しようと後藤を病気にさせて恩を売っているのか!!
ものは試しだ、殺してみるなら殺してみろ!!できないくせに!!
つまり、今、この地球を支配している連中達に対して簡単に例えば、頭を使ってそいつらの上を取ったってこと!!
その意味が、頭の悪い山口組、稲川組、日本政府、三井・三菱、日本の実権を握っている連中よお分かりになりますか!?いつでもおまえらを??
アメリカ政府が事細かく隠蔽工作に走っているが、時間の問題だと思います。そのことが露呈するのは・・・
すでに3年、アメリカ政府のユダヤに対して暴露や攻撃してるわりには、その人間はピンピンしているけど、それが証拠になっていると思うけど!?
 

111

 投稿者:111  投稿日:2015年 7月20日(月)12時06分22秒
返信・引用
  test  

内閣支持率さらに低下

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 7月20日(月)10時52分29秒
返信・引用
  昨日の調査結果では、
内閣不支持が51%、支持が37%(東京新聞)
内閣不支持が46%、支持が37%(朝日新聞)
説明不十分が82%、与党にあせり(毎日新聞)

安倍があがけばあがくほど、支持率が下がり、法案に対する不信も増大しています。
今このままごり押しで強行採決しても、この後自民党への支持が下がりつづければ
次の「安倍後」の内閣において、法案の見直しも検討されることになるでしょう。
いくら成立させても悪法をあとから廃案にすることはできます。
また沖縄問題も知事の決断によって、どうなるか。おそらくここ数日ほどが山場となるでしょう。

注目していきましょす!\(^o^)/
 

独裁者の本音が次々露わに!

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 7月18日(土)11時31分15秒
返信・引用 編集済
  面白かったのでコピペします\(=^o^=)

リテラより 安倍首相の安保法制トンデモ発言ランキング〈第4位~第1位〉
http://lite-ra.com/2015/07/post-1292.html

------------------------------------------------------------------------------------------------
★第4位 「実際、(自衛隊員の)リスクは下がっていくと思います」
(7月8日、ネット番組で)

 ■自衛隊のリスクはむしろ下がる? 小学生低学年以下の反論で輪をかけてわかりにくく■
 前編でも紹介したネット番組で、自衛隊員のリスクについて「例えば1あるリスクが1増えて、更に1増えて、1+1+1=3で、今まで2だったものより増えたじゃないかという単純な話ではない」というわけのわからない発言をした安倍首相。
 上から目線で分かりやすく説明しようとして、逆に自分の頭の悪さを露呈させたかたちだが、もっと驚いたのは“むしろ自衛隊のリスクは下がる”などと言い出したことだ。
「今度私たちがつくる法律は恒久法ですから、あらかじめ各国とも連携した情報収集や教育訓練が可能となり、色んな事態に対応できる訓練が可能になりますから、実際、リスクは下がっていくと思います」
 地球上のあらゆる戦闘場所に出かけて行って、後方支援、つまり一番狙われやすい兵站を担当するのに、訓練さえすれば大丈夫!って、そんなわけないだろう。
 むしろ、安倍首相は「1+1+1=3」という小学生レベルの当たり前を一から勉強し直した方がいいのではないか。

------------------------------------------------------------------------------------------------
★第3位 「戦争法案などといった無責任なレッテル貼りは全くの誤りだ」
(5月14日、記者会見で)

 ■または首相は如何にして説明するのを止めてレッテル貼りを愛するようになったか■
 閣議決定の日の記者会見で言ったこのセリフ。もはや説明は不要だろう。昨年7月14日にも、集団的自衛権をテーマに開かれた衆院予算委員会の集中審議で、民主党の海江田万里代表(当時)が「抑止力を高めると軍拡競争が始まるのでは」と指摘。すると安倍首相は「レッテルを、私がレッテルを貼ったなら謝るが、海江田さんもレッテルを貼ったなら取り消していただきたい。お互いにレッテルを貼りあうという不毛な。海江田さんがまずレッテルを貼ったから、私もレッテルを貼った。レッテル貼りの議論ではなくて、レッテル貼りではなく中身の議論をすべきだと思う」と、なんと1回の答弁で8回も「レッテル」という単語を使った。“首相の異常なレッテルへの愛情”はなんなのか?
 前述の“捏造認定”にしてもそうだが、結局「捏造だ!レッテル貼りだ!」と連呼することによって、説明から逃げ続けているだけだろう。しかも、それでいて、自分は例の「日教組」発言のように、ネトウヨ並みのレッテル貼りを平気でやる。まったく度しがたい人物である。
 きっと、戦争をおっ始めて国際社会から批判されても「今、我々がやっている平和のための戦いを“戦争”だなどというのはレッテル貼りです」とか言うんだろうなあ……。

------------------------------------------------------------------------------------------------
★第2位 「日本を攻撃しないと言いながら、意図を隠して攻撃の用意をしていることは当然あり得る」ほか
(7月3日、特別委での答弁)

 ■集団的自衛権の条件をいつのまにか拡大! 陰謀論を駆使して侵略戦争も可能に■
 二転三転した安倍首相の答弁のなかでも、もっとも酷いのはいつの間にか集団的自衛権発動の条件が変わっていたことだろう。7月10日の特別委で、集団的自衛権の行使が可能となる状況について「邦人輸送中やミサイル警戒中の米艦が攻撃される明白な危機がある段階で認定が可能」と言い放った。しかし、首相は6月には「米艦にミサイルが発射された段階」で判断できるとしていたわけで、いつのまにか条件を拡大していたことになる。
 ようするに、「あの国から米艦隊が攻撃されるだろう」と政府が恣意的に認定しさえすれば、いつでも集団的自衛権を行使することができるらしい。
 また、7月3日の特別委では「日本を攻撃しないと言いながら、意図を隠して攻撃の用意をしていることは当然あり得る」と説明しており、つまり明白な危険が「ない」ことが確認できないなら、自衛隊が攻撃することがあり得るというのだ。さすが、イラク戦争について「大量破壊兵器を持っていないことを証明しなかったイラクが悪い」と言ってのけた安倍首相。こういうのを悪魔の証明というが、その論法はまさに独裁者が粛清するときのそれ。中国か北朝鮮への戦争に踏み切るのも時間の問題か?

------------------------------------------------------------------------------------------------
★第1位 「我々が提出する法律についての説明はまったく正しいと思いますよ。私は総理大臣なんですから」
(5月20日、国会党首討論で)

 ■俺が言ってることは正しいのだから正しい! まさにファシスト! さようなら民主主義■
 やはり、栄光の第1位はこれをおいてないだろう。他でもない“安倍ファシズム宣言”だ。5月20日の国会での党首討論会では、共産党・志位和夫委員長とのポツダム宣言をめぐる攻防が話題となったが、むしろ見逃してはいけないのはこっちのほうだ。
 煮え切らない首相の答弁に、民主党・岡田克也代表が「何一つ納得できない。間違っていますよ!」と怒りをあらわにしたことに買い言葉の安倍首相。「何をもって間違っていると言っておられるのかわかりませんが、我々が提出する法律についての説明はまったく正しいと思いますよ」とをまくしたて、そして小バカにしたように吹き出しながらこう続けた。「私は総理大臣なんですから」(笑)。
 まさかの「俺が法律だ」宣言である。もうあきれ果ててツッコむ気にもなれないが、安倍首相の民主主義観というのは、つまり「一度選挙で選んだら国民は白紙委任して黙っておけばいい」ということだろう。そう考えてみると、今回の安保法制法案について、国民の理解が進まないのは、法案の内容が複雑だからでも、政府の説明が下手だからでもない。ひっきょう、安倍首相が国民のことなどどうでもいいと思っているからだ。おとなしく俺の言うことに従っておけばいい、と。
 いかがだっただろうか。こんな人間がいま、日本国行政のトップに君臨しているのだ。
 しかも、真の恐怖はこれからだろう。なにせ、自衛隊の最高指揮監督権を持っているのがこの男で、しかも安保法制により、その自衛隊の活動範囲が飛躍的に拡大し、他国への攻撃が可能となるのだ。はっきり言うが、安倍晋三が総理大臣であるかぎり、日本は他国との戦争はさけられない。
 だが、前編の冒頭でも言ったように、まだ望みはある。世論がもっと盛り上がり大きな反対運動になっていけば、安倍内閣を倒し、安保法制を廃案にすることも、決して不可能ではないのだ。
 そのためにも、この史上最悪の総理大臣の危険な本質をさらに多くの人に知らせる必要がある。奮って拡散していただきたい。
(梶田陽介)
 

Re: バッジさん、まっぺんさん

 投稿者:まこと@スマホ  投稿日:2015年 7月15日(水)01時01分37秒
返信・引用 編集済
  ここ3日間は仕事がかなり微妙なので東京の行動には参加出来ませんが、18日のアベ政治を許さない共同行動については、地元のデモ行進に参加する予定です。

民衆の力で安倍を打倒しましょう!
戦争法案を廃案に!
辺野古への基地移設反対!
憲法9条、25条の理念を具現化しましょう!
 

Re: バッジさん、まっぺんさん

 投稿者:まっぺん  投稿日:2015年 7月14日(火)09時42分52秒
返信・引用
  > No.11810[元記事へ]

まこと@スマホさんへのお返事です。

まっぺんです。おはようございます。

> 近々?仕事で東京に行きますので、またお会い出来ると良いなと思っております。

あ、それだったら「今」が最高のシーズンですよ。
15日か16日に強行採決と予想されています。
よって東京でのスケジュールはもう連日あります。

14日(本日)6時半より日比谷野音にて集会
15日正午より国会前。でも朝から1日中頑張る人も大勢います。
16日正午より国会前。もし15日に採決されなければこの日は終日国会前。

先週のNNNの調査で内閣支持率が39・7%、不支持が41%。遂に逆転し、
安保法制反対も賛成を大きく上回っています。
こういう場合、昔の自民党なら民心が離れるのを避けて引き延ばしたはずですが、
いまの内閣は極右に占拠されているため野党との駆け引きができない。
途中で停戦工作も出来ずに行くところまで行っちゃった戦前の軍部のようです。
安部は末期に近づいているだけに危険。とにかくこの3日間がんばりましょう。\(^o^)/

それから沖縄もかなり煮詰まってきました。
辺野古新基地建設を巡って第三者委員会がまもなく報告を出します。
それによって翁長知事が工事の許可を撤回する可能性があります。
来月早々か、早ければ今月末にもその決定が出るでしょう。
そうなると沖縄意見広告運動のほうも忙しくなります。
今月~来月は極右戦争政権と人民の対決となりますから、万難を排して東京においで下さい。
また、夏休みのバカンスだったらぜひ沖縄へ!\(^o^)
 

/321